マーケターの基本を学ぼう

マーケターの考え方

マーケターという仕事にどんなイメージを持っていますか?
なんとなくカッコよさそうな仕事だと思う方もいるでしょう。
マーケターとは企業のマーケティングを行う人のことです。

それでは、企業のマーケティングとはどのようなものなのでしょうか。
一般的には、マーケティングとはお客様が必要とするものを考え、作り出すことです。
また、その商品やサービスなどをお客様に届けなければなりません。

つまり、企業はただ自分たちが作りたいものを作り、売っているのではありません。
お客様たちがどんなものを求めているのかをしっかり理解、分析しなければならないのです。
その上で、その求められているものを作るために研究などを行います。
求められるものを作って売れば、お客様に買ってもらえます。
すなわち企業の利益につながります。

マーケターの実際の仕事内容

現代社会において、すべての仕事においてマーケティングは必要不可欠です。
マーケティングの具体的な仕事内容を大きく3つに分けると、調査、分析、立案です。

まず、調査はマーケティングの基本です。
お客様が必要とするものを知るために、市場調査、アンケート、インタビューなどを行います。
商品、サービスによってターゲットは変わり、市場調査の方法も異なります。
若者向けのものなら、最近ではネットやSNSなどから情報を仕入れ、嗜好や傾向などを知る場合もあります。
反対に、高齢の方向けのものなら、すでに顧客の方にアンケートをとったり、街頭インタビューをしたりすることもあります。

そして、得られた情報を分析し、まとめます。
この分析結果から、新しい商品、サービスについて立案します。
どんな人に向けて、どんな商品を作り、どのようにアピールしていくかを考えるのです。

こうしたマーケターの仕事をもとに、実際に商品が作られるのです。